ホーム > 会社案内

加藤牧場は、昭和29年に現社長加藤忠司の父・賢治が1頭の乳用牛を購入したことに 始まります。

昭和39年、現会長が6頭の牛を引き継ぎ、昭和44年に所沢から日高に移りました。

この頃からを含めますとざっと50年の歴史となります。

元陸軍将校だった先代からの教え

【倒れてのち熄の気概を持て】【臥薪嘗胆】【我に七難八苦を与えたまえ】

をいつも心に留め、現会長の加藤忠司はここまでやってきました。

これからも一人でも多くの方に、本物の牛乳の味を知ってもらうため、 一途な気持ちで牛を育てていきます。

こうして出来上がった、とびきりの商品をぜひお味見して下さい。             

 

                                    会長 加藤忠司 

 

会社名有限会社 加藤牧場
住所埼玉県日高市旭ケ丘578 〒350-1203

メールアドレス

katoubokujyo@baffi.ne.jp
資本金14,000,000円
創立

昭和29年 子牛の導入(所沢市)

昭和44年 日高市に移転 乳牛10頭20頭牛舎

昭和53年 36頭牛舎に増築

平成4年 8月24日 有限会社 加藤牧場 設立

     100頭フリーストール牛舎、ミルキングパーラー

平成7年 ジェラート店(バッフィ)開店(所沢市)

     200頭フリーストールに増築

平成9年 乳製品工場(フォルザ)建設 牛乳、ヨーグルト、チーズ

牧場設備

概要

フリーストール牛舎、ミルキングパーラー(8頭ダブル)、牛糞発酵装置2棟

子牛フリーストール牛舎、自動哺乳装置

飼養頭数約180頭 (経産牛135、育成牛15、子牛30)
飼養品種

ホルスタイン、ブラウンスイス  

☆ブラウンスイス種で国内最高得点89点(平成27年)

経営面積

25ha(酪農用地牛舎等含む:2.4)(自給飼料生産地:22)

乳製品工場概要 牛乳、ヨーグルト、チーズ、菓子製造室
 主販売先

 いるま野農協、スーパー(日本アクセス、國分)、乳業会社、小売店

喫茶店、レストラン

 品目牛乳、ヨーグルト、チーズ、ジェラート、プリン、チーズケーキ、ミルクジャム、高麗鍋肉まん
 認定

埼玉県優良管理農場、彩の国優良ブランド(牛乳、ヨーグルト、ジェラート)

ふるさと認証プレミアム(牛乳、ジェラート、プリン)

全国観光土産品推奨商品(高麗鍋肉まん)

コンテスト受賞歴→こちら  牧場成績等→こちら

加盟組合

埼玉県物産観光協会、日高市商工会、埼玉県農業法人会、川越法人会、

埼玉県乳業協会、日本乳業協会、日本ジェラート協会

中央酪農協議会、埼玉県畜産会